ココは七色の雨が降る確率のブログです。
<< 鋼の錬金術師 main 重力ピエロ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



+WebClap
- - -
罪と罰
凄く陰鬱な雰囲気を持つ小説。
ラスコーリニコフと以前の私がとても似ていて、
貪るように読んだ。
二回目は味わうように読んだ。
読むほどに言葉の深さと鋭さにはっとする。
適当にページを開いて読んでも
見つけた言葉に射抜かれる。
ただ、こういう本は古い本をちょっと読みなれていて、
ゆっくりと本に集中して読める環境がないと
なかなか最後まで読めないのが難点。

狂おしいほど憎い人がいる人、
自分のなかの赤黒いものが抑えきれなくなりそうな人、
昔だれかを殺そうとした人。
あるいは殺した人。
そんな人が読むと面白いかもしれない。


JUGEMテーマ:読書




+WebClap
レビュー comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト


+WebClap
- - -
comment



この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback

Copyright Crage All Rights Reserved.
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Profile
menu
Selected Entries
Categories
Archives
add
Mobile
qrcode
Sponsored Links